事務の仕事を知る

事務のお仕事ってなんですか
事務のお仕事は、主に個人もしくは部門のアシスタントをすることで、自分がアシスタントをする対象が動きやすいように、サポートするのが目的になります。
仕事の幅は企業によってさまざまですが、すべての企業には必ず事務職の方がいます。
どの企業でも縁の下の力持ち的な存在として、伝票作成や処理、書類作成、電話・来客応対などを担い、その他の業務が円滑に進められるように対応しています。
また、配属される部署や関わる業務内容によっては「○○事務」と名称が変わることもあります。
例えば、営業部で営業資料の作成や見積作成をサポートする「営業事務」や、貿易業務や輸出入などに関わる「貿易事務」、病院内で受付や医療費の計算などを行う「医療事務」、英文の書類作成などを行なう「英文事務」、特許制度に基づいた各種手続きを行う「特許事務」、会社内の事務処理全般に関わる「一般事務」などが代表的な例になります。
企業によっては、広報・マーケティング・経理・総務・法務など、バックオフィス系の職種すべてを指して「事務」や「事務系職種」などと記載している場合もあります。
事務のお仕事を探す際は、配属部署や具体的な仕事の内容などをあらかじめ確認しておくことが重要です。

事務職に向いているタイプ

さまざまな職種の会社や部署の事務処理全般を担ったり、社員のサポートをすることが多いため、「人のために働きたい」「誰かを手助けしたい」など、ホスピタリティのある方が向いています。
事務の仕事は、デスクに座って黙々とPCなどで作業を進めるイメージが強いかもしれませんが、電話対応や来客対応なども行うことが多く、コミュニケーション能力も重要になってきます。
また、書類作成や数字の計算など、ミスの許されない業務を任されることが多いため、丁寧で慎重に仕事を進めていくことができるかどうかもポイントになります。

活かせる資格

「貿易事務」や「英文事務」、「特許事務」などの場合は、就業開始時で一定レベルのスキル(語学力や専門資格など)が必要となることが多いのですが、派遣就業の際は一般的に特別な資格を必要とするケースは少なく、求人サイト上でも、未経験から始められる事務の求人が数多く掲載されています。
パソコンを使用しての資料作成・書類作成が多いことから、WordやExcel、PowerPointなどが、直接的に仕事に活かせる資格として人気があります。その他にも、簿記や秘書検定などの資格をお持ちの場合は、関わる仕事の幅を広げることにつながっていきます。
  

例えば…のキャリアステップ

例えば…営業事務だったら

継続勤務で身につく事務処理能力やビジネススキルはもちろんのこと、営業事務としての知識を得たうえで語学力を身につければ、英文事務にステップアップすることも可能です。また、伝票の作成や売り上げ管理なども行うため、経理事務にキャリアチェンジすることも可能です。
営業事務のスキルは多くの事務系業務につながっているため、ある程度のスキルを必要とし、経験者を優遇する専門事務を目指す場合には、未経験でも多くの求人募集がある営業事務からスタートするという道もあります。また、営業事務はニーズが高い職種のため、スキルを磨いた上で即戦力としてキャリアアップしていくこともできるでしょう。

例えば…貿易・英文事務だったら

勤務を継続すればするほど、語学力は自然とアップしていきます。その中で、もっと上を目指したいという気持ちになった場合、英検やTOEIC(R)テストなどでスキルを磨くこともできます。また、どの仕事もパソコンスキルは勿論のこと、事務処理能力やグローバルビジネススキルが身につきます。全くの初心者でも、未経験可の求人も増えているため、アシスタントからスタートして経験を積んでいくというキャリアプランもあります。

その他にもさまざまな事務職をご案内しております

まずはインターネット、もしくはお電話にて登録予約してください。

インターネットでご予約の方
派遣登録はこちらから!
お電話でご予約の方

お電話受付時間
平日(月)~(金)9:00~19:00